これから

前の会社に対して裁判を起こそうとしているのは
2日前の書き込み「これまでの経過-会社をクビになってから」

http://atsu-six.at.webry.info/200904/article_14.html

で言いましたが、その結果を受けて両親が
これ以上続けないで再就職した方がいいと言い出しました。
私としてはここで引くのは納得できないと思っています。
私はここで引くべきでしょうか?
それとも最後まで戦うべきでしょうか?
皆さん意見をお願いします。

労働裁判における解雇事件判例集
労働新聞社
厚生労働省労働基準局監督課

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






バカンス裁判
楽天ブックス
著者:梅本浩志出版社:三一書房サイズ:単行本ページ数:332p発行年月:1989年08月この著者の新

楽天市場 by ウェブリブログ

男女賃金差別裁判 「公序良俗」に負けなかった女たち—住友電工・住友化学の性差別訴訟
明石書店
宮地 光子

ユーザレビュー:
ジャンダーと法賃金格 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

労働裁判における解雇事件判例集
労働新聞社
厚生労働省労働基準局監督課

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

HT
2009年04月14日 09:30
おはようございます。
難しい問題ですね。退職した時の状況はわかりましたが、そこへ至るまでの事が今一つわからないです。それまでは正規社員さんだったのでしょうか。そんなに簡単には解雇できないと思われるのですが?。
また、ご両親のお気持ちもわかります。将来を考えて言われているのでしょうね。裁判をして例え勝ったとしてもそれだけでこの問題が解決されるというものでもありません。一つの心の整理や区切りとはなると思いますが。
2009年04月14日 13:21
>HTさん
退職に至るまでの状況は次のとおりです。
<2008年12月1日>
うつ病による休職から復職
1か月の残業規制有
<2008年12月22日>
体調に不安があったため
残業規制期間延長(3か月)の診断書を提出
<2008年12月25日>
残業ができないという理由で
1月31日をもって解雇
(会社側は退職勧奨と言っています)

両親が言いたいことも十分わかっている
つもりですが、このままうやむやにしても
心が晴れないというか、一生気になって
仕方がなくなると思っています。
2009年04月17日 07:51
はじめまして!
私はご両親の気持ちに、賛成です。
例え、裁判に勝ったとしても、その会社で仕事を続けるのは難しいでしょうし、新しい会社に就職するにしても、イメージが悪くなるように思います。
ただ、atsu-sixさんの気持ちがすっきりしないということが問題なのですが、裁判によるストレスで、病状を悪化させることもあるのではないかと、心配です。
一生気になるというのなら、とことん戦うのもありかとも思いますが・・・

この記事へのトラックバック