午後8時の悪魔

うつ病でデイケアに通い始めて数ヶ月経つが
ここ2,3ヶ月、帰り道に朦朧とした感じというか
離人感みたいなものを感じる。
体と精神が2~3cm離れているように感じるのだ。
私は勝手に「午後8時の悪魔」と呼んでいるが
なんとなく私が私でなくなるような感じがする。
もしや解離性人格障害かと思っているのだが、
単なる気のせいですよね。
知っている方、教えてください。
解離性障害―多重人格の理解と治療
岩崎学術出版社
岡野 憲一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

課長
2009年04月03日 22:28
解離性人格障害という病名は存在しないと思います。正しくは、解離性同一性障害。
現実に耐えられないと、その現実の自分から解離して、現実に対応しているもう一人の自分が人格として成立してしまう。
よほどのストレスが日常的にあって(幼少時からの虐待などが解離しやすくなる要因の一つ)、それに対応する自分がバラバラであり、かつ人格というレベルにまで確立してしまう。
解離によって自己の同一性が保てない。
こんな感じでしょうか。。
浅学で、このくらいしか説明出来ないです。
2009年04月06日 22:37
そうでした。解離性同一性障害。
書いてる途中で「なんか違うな~」って思いながらも
そのまま書いてしまいました。
訂正&説明サンクスです!

この記事へのトラックバック