王様の耳はロバの耳

アクセスカウンタ

zoom RSS F1のちょっとイイ話〜3人の思い出は永久に…〜

<<   作成日時 : 2011/11/07 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 70 / トラックバック 0 / コメント 2

某F1誌の記事の焼き直しでしかないんですけど(と言うか事実なのでそうなるしかない)…ホロリと涙が流れそうなハナシがあったので、ちょっとそのハナシを…。
「F1なんて興味ないんだけど…」っていう人もじっくり読んでいただければ幸いです。


2011年10月16日、ラスベガスで行われたインディーカーシリーズ最終戦にてダン・ウェルドンが事故死…このニュースはF1のみならず全世界のレース関係者に衝撃を与えました。特にキャリア初期にウェルドンと凌ぎを削ったバトンは「僕らのスポーツにおける“伝説の男”を、同時にすばらしいヤツを失った」と悲痛のコメントを…とここまではこのブログでも述べましたが、この1件はまだ続きがあったようです。

前述のコメントから推察できるように悲しみの日々を送っていたジェンソン・バトン(2009年F1チャンピオン)。そんな彼に1つのツィッターが舞い込んできた。
ツィートしたのはアンソニー・デビットソン。少し前からF1を見ていた人ならピンとくる方も多いと思われるが、いいドライバーではあるもののF1では大成しなかった人。彼もまたバトンやウェルドンとともに幼き頃、凌ぎを削りあった仲であった…。

Here is my favourite photo. The Silverstone kart GP, Me leading Daniel and Jenson. Happy times.. (10/17)
ボクのお気に入りの写真。シルバーストンでのカートレースでボクがダニエル(ダン・ウェルドン)とジェンソン(ジェンソン・バトン)をリードしていた“幸せだった時間”

意訳も含めるとこんな感じだろうか。そしてUPされていた写真がコレ。
画像


このツィートに対してバトンはこう返している。

@AntDavidson thanks for the great memories....(10/21)
(アンソニー)素敵な思い出をありがとう

それと前後してアンソニーはこんなツィートをしている。

Found another great pic. A young Dan Wheldon (with Jenson) sits on my wheel at the 1990 British cadet champs.(10/21)
もう1ついい写真を見つけたよ。1990年のカート選手権で若い頃のダンとジェンソンがボクのマシンのタイヤに座っているやつ。

そしてその写真がコレ。
画像


ダンはもう帰ってこない…でもダンやジェンソン・アンソニーが過ごした日々は決して消えることはない…。


悲しいながらも少し心が温まるハナシでした。




ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)
毎日コミュニケーションズ
コグレ マサト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 70
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いいお話ですね。
この写真や思い出は、何ものにも代えられない大切な宝物なんでしょうね
私も、こんなに素敵な宝物を作っていけたらいいなぁ
くり大福
2011/11/09 13:07
おおっ!久しぶりのコメント!
くり大福さんありがとうございます。
人の幸せって“裕福である”とか
“好き勝手な生活ができる”ことよりも
こういう“気持ちを分かち合える仲間”がいることなんじゃないかな?って最近思うんですよね…。
それを実感できるのが“不幸があったとき”ばかりというのが少々悲しいですけど…。
それにしてもこういうアンソニーの“優しさ”に感動してしてしまった次第…
自分にはこういう友達っているのかなぁ…
atsu-six
2011/11/14 23:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
F1のちょっとイイ話〜3人の思い出は永久に…〜 王様の耳はロバの耳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる